So-net無料ブログ作成
検索選択

九鬼山

H26年12月14日、参加者20名で南越谷駅7時7分発の電車で出発する。西国分寺で中央線に乗り換え大月まで行く。富士急の電車に乗り継ぎ、大月から二つ目の田野倉駅に9時9分に到着する。駅前で体操して9時35分から歩き始め、駅前の道を左折して住宅街の道を進み一度広い道に出てから、看板により林道に入る。林道の終点まで行き、登山道に入る。馬立山分岐、札金峠を通り紺屋休場という見晴らし台に10時55分に着く。一休みし写真撮影して出発する。山頂近くなると小さな岩場があり急坂となっていて、九鬼山山頂(970m)には11時50分に到着する。山頂は木陰で寒かったので少し降りた富士見平で、富士山を見ながら12時20分まで昼食とする。午後は落合橋方面に下り20分程で天狗岩の見晴らし台に着く。富士山やすぐ下の町並みの展望を楽しみ、急坂をいっきに下る。愛宕神社で一休みして、落合橋を通り禾生駅に2時5分に到着する。大急ぎで2時8分の電車に乗り、帰途に就く。

田野倉駅から住宅街を進む。正面が九鬼山
s-DSCN2706.jpg
紺屋休場からの眺め
s-DSCN2712.jpg
九鬼山山頂(970m)
s-DSCN2718.jpg
昼食の富士見平からの富士山
s-DSCN2720.jpg
天狗岩からの眺め
s-DSCN2724.jpg

nice!(2) 
共通テーマ:旅行

大鐘原ケ岳・榛名天狗山

H26年11月23日参加者23人,6時15分の電車で出発、大宮でJRに乗り換え、高崎に8時15分に到着する。高崎駅西口から8時30分発の榛名湖行バスに乗る。バスは途中の群馬バス榛名営業所で10分休憩し,下車する榛名神社には9時45分に到着する。バス停前の駐車場で体操して出発する。榛名神社の山門前を右折し、10分程進むと左側に赤い鳥居があり、そこから登山道に入り30分程で四合目の分岐に着き、そこから30分で小鐘原ケ岳と天狗山との分岐に着く。一休みして小鐘原ケ岳方面に進むが、ここからは登山道が整備されていない,道なき道をテープを探して登るアドベンチャー。25分で小鐘原ケ岳山頂(1224.9m)周りの山々は見えるが木々の間からで眺めはそれほど良くはない。そこから20分程で大鐘原ケ岳だったが、道を見失い30分かかる。大鐘原ケ岳(1252m)が本日の最高峰だが眺めは小鐘原ケ岳と同様だった。ここで昼食(12:25~13:00)、小鐘原ケ岳分岐まで戻り天狗山に向かう。天狗山山頂(1179m)の先に天狗岩があり、前橋・高崎方面の大展望が楽しめました。そのあと天狗山西峰にも登り、四合目の分岐まで帰る。そこから7分で鏡台山山頂(1079m)に着く。浅間山から八ケ岳まで見渡すことが出来る本日一番の大展望でした。榛名神社参拝は時間がないため中止し、15時40分のバスで帰途に就きました。榛名湖南面の小さな山ですが五峰を巡り山歩きを堪能しました。
榛名神社山門
s-DSCN2672.jpg
小鐘原ケ岳分岐から道なき道を進む
s-DSCN2676.jpg
天狗岩から前橋・高崎方面の大展望が楽しめました。
s-DSCN2690.jpg
鏡台山からの眺め 、中央の雲がかかっている山は浅間山です。
s-DSCN2698.jpg
nice!(3) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。