So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

半月山

2018年5月10日、参加者14名、6時44分の電車で出発する。日光には8時16分に着く。バスで明知平まで行き、ロープウェイで明知平展望台へ上がる。挨拶・体操して9時50分からハイキングスタートする。降っていた雨も上がり、霧も晴れて、華厳の滝が正面に見える。
s-DSCN4555.jpg
しばらく歩くと、中禅寺湖をバックにミツバツツジが雨上がりで、とても鮮やかで美しい。
s-DSCN4563.jpg
今日のコースは、茶ノ木平から狸山、第一駐車場から半月山(1753m)へ登り、下りは半月峠から狸窪へ下り、中禅寺湖畔を中禅寺温泉バスターミナルまで歩くタフなコース。狸山の手前で昼食をとり、半月山山頂には2時10分に到着する。半月山展望台からは素晴らしい眺め、中禅寺湖・男体山をはじめ、周りの山々が見渡せたました。
s-DSCN4586.jpg
社山・皇海山方面
s-DSCN4585.jpg
中禅寺湖畔を歩く頃には、すっかり晴れて美しい男体山が見える。
s-DSCN4591.jpg
中禅寺温泉バスターミナルには16時37分にたどり着き、無事ハイキングを終了する。
nice!(1) 
共通テーマ:旅行

銚子半島巡り

2018年4月22日午前6時過ぎ、メンバー24名で、中型バスで出発する。JR銚子駅前に9時に到着する。今回は登山ではなく、街歩き・海岸歩きのため準備体操は各自で行い9時15分から歩き始める。
JR銚子駅前
町が何となく南国ムードで、いい感じ
s-DSCN4488.jpg
幅の広い歩道の駅前通りを真っ直ぐ利根川方向に歩く。
河岸公園から銚子大橋が見える。
s-DSCN4492.jpg
河岸公園から右折して、漁港・魚市場を左に見ながら進むと千人塚がある。ここらで利根川が海となり、15分ほど歩くとポートタワーに着く。
s-DSCN4499.jpg
ポートタワー下から水産工場地区・黒生地区を過ぎると海が見えてくる。
とんび岩
s-DSCN4501.jpg
海沿いの道を歩き、とんび岩・海鹿島海水浴場を過ぎると犬吠埼灯台が見える。
s-DSCN4505.jpg
君ヶ浜は砂浜の中の道を歩き、寄せる波の音や、潮風がとても気持ち良かった。
犬吠埼灯台には12時に着く。
犬吠埼灯台
s-DSCN4509.jpg
灯台の上からの眺め
突き出た所が長崎鼻
s-DSCN4513.jpg
午後は満願寺・長崎鼻に寄って、外川漁港まで歩いてハイキングを終了して、バスに乗り犬吠埼観光ホテルで入浴して帰途に就く。

nice!(1) 
共通テーマ:旅行

鶏足山

平成30年3月25日AM6時、21名バスで出発する。鶏足山駐車場には8時37分に着き、トイレ・準備体操を済ませて9時前にハイキングスタートする。赤沢富士山頂・三角点で休憩を入れて、鶏足山(431m)山頂には10時過ぎに着く。展望はよく360度見渡せる。
鶏足山の山頂からの眺め
s-DSCN4401.jpg
山頂から少し下って護摩焚石、鶏石を見物して分岐を並柳方面に下る。
鶏足山の名前の由来の鶏石、(鶏冠に似ている)
s-DSCN4405.jpg
焼森山ミツマタ群生地の入口で保全協力金200円支払い、ミツマタ群生地を見物する。
山の谷間にミツマタが群生して、花も満開でなかなか見ごたえありました。
s-DSCN4418.jpg
ミツマタのトンネルをくぐって登り、上から見下ろすと、満天の星空を見ているような感じもします。
s-DSCN4426.jpg
見物用の遊歩道を一回りして奥に進み焼森山へ向かう。急坂を20分ほど登って焼森山(423m)山頂に12時18分に到着する。午後1時まで昼食タイムをとって尾根道を進み三角点に出る。ここからは往路をスタートの駐車場まで戻って、1時55分ハイキングを終了する。バスに乗って真岡井頭温泉で汗を流して、帰途に就く。
nice!(1) 
共通テーマ:旅行

房総大福山

2018年2月25日朝6時、小型バスで出発する。館山道から圏央道に入り、舞鶴ICで高速道路を下りて県道を30分ほど走り上総大久保駅近くの野菜直売所でバスを降りて、準備体操して9時20分ハイキングスタートする。
s-DSCN4350.jpg
新鮮野菜のお土産を買い
舗装された車道歩きで11時20分に大福山展望台に就く。ここで昼食をとり、山頂と思われる白鳥神社まで登る。
s-DSCN4359.jpg
三角点など山頂の目印のようなものは見当たらず、山道を梅ケ瀬渓谷に下る。建物はないが日高邸跡まで行って一休みして、梅ケ瀬川の渓谷を下る。
川を渡るところが数か所あるが水位が低いので難なく渡れるが水位が高いときは[?]
s-DSCN4368.jpg
川に浸食された断層が見える。
s-DSCN4370.jpg
黒川沼の先まで歩き午後3時前にハイキング終了し、バスに乗り帰途に就く。
可愛い養老渓谷駅でトイレ休憩
s-DSCN4375.jpg
nice!(1) 
共通テーマ:旅行

鐘撞堂山

2017年12月10日参加人数20名、7時40分の電車で出発する。羽生駅で秩父鉄道にに乗り換える。
秩父鉄道の秩父路遊々フリー切符
s-DSCN4267.jpg
行田の足袋の形で旅をかけて面白い。

1時間ほど乗車して9時34分に桜沢駅に着く。駅横の空き地で体操して10時にハイキングスタートする。10分ほどで八幡大神社に着き本日の無事をお願いして、神社横の登山道を登る。
20分ほどで八幡山の山頂に着き、10分休憩して鐘撞堂山をめざす。尾根道のアップダウンを繰り返し、休憩も挟んで登り鐘撞堂山(330.2m)山頂には12時ちょうどに到着する。
山頂展望台からの眺め 寄居の町と関東平野が見える。
s-DSCN4278.jpg
誰でもつける鐘もあります。
s-DSCN4276.jpg
鐘撞堂山は、鉢形城の見張り場で、敵が攻めてきたとき、鐘を鳴らして知らせたことから、この名がついたとのこと。
昼食をとり12時40分から下山する。30分ほどで羅漢山登山口に着き、少林寺へ向かう。ひと登りして、下りになると道端に五百羅漢の石仏が並び、形も様々で面白い。少林寺で一休みして、帰りの道には千体荒神の石碑が並び、その数に圧倒される。
五百羅漢の石仏
s-DSCN4285.jpg
千体荒神の石碑
s-DSCN4290.jpg
羅漢山登山口まで戻り、円良田湖畔を通って波久礼駅まで歩いて15時ハイキング終了する。

nice!(1) 
共通テーマ:旅行

四阿屋山(あずまやさん)

2017年11月12日6時、参加人数32名、貸切バスで出発する。四阿屋山ハイキングのスタート地点、道の駅「両神温泉・薬師の湯」駐車場には9時15分に着く。
s-DSCN4214.jpg
準備体操して、大人数のため3班に分かれて9時40分ハイキングスタートする。歩き始めてすぐ法養寺薬師堂・両神神社があり、本日の安全をお願いして、鳥居山コースを登る。15分ほどで中国風の東屋、観景亭がある。
s-DSCN4217.jpg
一休みして、1時間ほど木立の中を進むと。鉄塔の下で開けたところに出る。
s-DSCN4219.jpg
鉄塔の先に二子山や秩父の山々が見渡せた。
鉄塔から20分ほどで両神神社奥社があり、この先から山頂まで鎖のある急坂を登る。
s-DSCN4224.jpg
鎖場はいかにも登山している気分になり楽しい。
12時前に四阿屋山(771.6m)山頂にたどり着く。
s-DSCN4227.jpg
秩父連山と雄大な両神山が見渡せる。
山頂で大人数で昼食をとることができないので、山居広場まで下って昼食をとる。
1時ごろから50分間、昼食タイムをとり、下りは桜本コースを下る。2時30分にスタートした両神温泉・薬師の湯に下り、入浴で汗を流しバスで帰途に就く。

nice!(1) 
共通テーマ:旅行

棒ノ嶺

2017年6月11日JR南越谷駅6時27分発の電車で出発する。新秋津駅で西武鉄道に乗り換えて飯能駅に7時41分に到着する。ここからバスでさわらびの湯まで約45分かかる。バス停付近であいさつ・体操を済ませて9時7分頃からハイキングスタートする。10分ほど車道を上ると有間ダムが見える。その堤を渡って進むと白谷沢登山口に着く。
有間ダムの堤
s-DSCN4034.jpg
登山届を投函して山道に入り、杉林を進むと沢沿いの道になり、小さな滝や両側から岩がせり出したゴルジュ帯の中を登る。
藤懸の滝
s-DSCN4038.jpg
ゴルジュ
s-DSCN4041.jpg
せせらぎの音を聞き、吹く風がとても涼しく爽快でした。
沢から離れてしばらく進むと岩茸石があり、山アジサイが咲いた急坂を上ると権次入峠、
岩茸石
s-DSCN4050.jpg
白い山アジサイが満開
s-DSCN4052.jpg
権次入峠から20分ほどで棒ノ嶺(969m)山頂に12時到着。眺めがよく奥武蔵の山々や所沢や東松山市街も見渡せる。
山頂からの眺め、左が大持山、右が武甲山
s-DSCN4055.jpg
昼食をとり12時40分から下り始める。岩茸石まで戻り、ここから河又バス停方面の尾根道を下り、さわらびの湯バス停には3時10分に着く。3時16分発のバスで帰途に就く。
nice!(0) 
共通テーマ:旅行

晃石山

平成29年5月17日7時36分発の電車、16名で出発する。新大平下駅には8時22分着、駅前で挨拶・体操を済ませて8時40分から歩き始める。住宅地を抜けて大中寺の駐車場に9時30分に着く。15分トイレ休憩して大中寺の横から、登り始める。ぐみの木峠に10時20分、5分休憩して晃石山(419.1m)山頂には11時05分に到着する。小さな祠があり、天気がよけれれば男体山や秩父の山々も見えるらしいが、曇天で見えず。
s-DSCN4008.jpg
ちょっと下って晃石神社に寄って桜峠まで下る。
桜峠からの眺め
s-DSCN4020.jpg
近くで遭難者(酔っ払い)救助のため防災ヘリが上空を飛ぶ。
s-DSCN4016.jpg
12時から12時45分まで、ここで昼食をとり清水寺(せいすいじ)に下りる。ここから舗装された車道を大中寺まで歩き、大中寺の7不思議を見物して新大平下駅に帰り、3時46分の電車で帰途に就く。
中央の山が晃石山
s-DSCN4026.jpg
nice!(1) 
共通テーマ:旅行

関八州見晴台

平成29年5月7日22名で6時36分南越谷発の電車で出発する。新秋津駅で西武鉄道に乗り換え西吾野駅に8偽25分に到着する。駅前広場で挨拶・体操を済ませて8時45分にハイキングスタートする。20分ほど舗装された車道を歩き萩の平登山口から山道に入る。萩の平小屋(廃屋)・高山不動分岐を経て茶屋跡に出る。道の両側につつじの花が見えるようになり、山頂まで続いている。
s-DSCN3965.jpg
山頂の関八州見晴台(771.1m)には11時15分に着く。
山頂は人気の山らしく、多くのハイカーでにぎわっていた。
s-DSCN3970.jpg
秩父の武甲山も見える。
s-DSCN3967.jpg
昼食をとり12時から茶屋跡まで戻り、舗装道路を高山不動尊に向かう。高山不動尊で本日の無事をお願いして、大イチョウを見物する。樹齢800年、高さ37m・根周り12mの大木、あまりの大きさにびっくりする。
s-DSCN3977.jpg
下りは大窪地区を通り三社地区の南に降りて国道299号を歩き、西吾野駅の戻りハイキングを終了する。

nice!(1) 
共通テーマ:旅行

高尾山

平成29年4月16日7時16分発の電車でJR南越谷駅を出発して西国分寺・高尾で乗り換えする。京王高尾山口駅には8時42分に到着する。ケーブルカー乗り場まで歩き挨拶・体操する。
s-DSCN3913.jpg
9時過ぎから登り始める。高尾病院の横を通り2号路経由で3号路を登る。周りの緑や花を楽しみながら登る。
ヤマルリソウ(小さな花でよその登山者の人に教えてもらう。)
s-DSCN3920.jpg
高尾山山頂には11時30分頃着く。山桜がまだ咲いていて、富士山も見える。
s-DSCN3927.jpg
山頂は人がいっぱい。
s-DSCN3926.jpg
もみじ台の先まで進んで11時半過ぎから昼食をとる。
昼食の所からも少し残った桜の先に富士山が見える。
s-DSCN3929.jpg
帰りは1号路を下り金毘羅台一休みする。
s-DSCN3935.jpg
午後2時前にケーブルカー乗り場(清滝駅)まで下りる。
nice!(1) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -